Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | top↑






読書「限りなく透明に近いブルー」村上龍 ★★☆




群像新人賞、芥川賞受賞。


村上龍の処女作。
だから、興味を持って読んでみた。
かなり評価の良い作品だし、群像新人文学賞&芥川賞のW受賞だし。

これを理解するのは、一回読んだだけではムリだと思った。
私には、ちょっと難解…!?
作品の良さが伝わってこない。
好みじゃないだけ?で終わってしまうのは勿体ナイ?(笑)
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2005/06/03 22:17】 | 読書[ま行作家] | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






<<読書「岡山女」岩井志麻子 ★★☆ | Top | 読書「蛇にピアス」金原ひとみ ★★☆>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://inroom.blog5.fc2.com/tb.php/87-05eab9d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。