Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | top↑






読書「大地の子」山崎豊子 1~4巻完結 ★★★★★
大地の子(1)1994/01大地の子(2)1994/01大地の子(3)1994/02大地の子(4)1994/02


文庫本 文芸春秋

陸一心
日本人残留孤児で、中国人の教師に養われて成長した青年のたどる
苦難の旅路を文化大革命下の中国を舞台に描く大河小説。


面白い。
いや、面白いという表現が当てはまるかどうか……。
素晴らしい小説だと思う。限りなくノンフィクションに近い小説。
著者が、綿密な取材をもとに8年の歳月をかけて仕上げた作品だという。

読もうと思い買って、いったいどのくらいの日が経っただろう。
先に、義妹に貸してあげたんだけど
「中国が嫌いになるよ~。」そう言っていた。
私は…中国が嫌いになる?そういう思いは一切持たなかった。
戦争孤児が、どういう風に生きていったか。消化するのが辛かった。
日本政府よ、いったい何をしていたのか…。そっちの方が強かった。

この戦争で日本軍が犯した過ちは、限りないと思う。
特に、細菌部隊などは本当に酷いものだと憎悪を感じるぐらいだ。
でも、ここでは、中国の闇の部分が鮮明に描かれている。
国家の体勢や、文化大革命中の数々の残酷な行い。
守秘的であり糊塗する体質とでも言うのか、今日に至るものを窺わせる。

私には、いまだからこそ読めた作品かもしれない。
戦後、60年「しか」経っていないんだよなぁ。
まだまだ、残骸があっちこっちに残ってる。
人の心の傷など、そうそう癒えるものでは無いだろう。
戦争で孤児になった人達こそ、国の犯した過ちの最大の犠牲ではないだろうか。
日中戦争は、日露戦争の模範が水の泡じゃないか。と、憤りを感じるぐらいだ。

この小説は、いつの時代がきても色褪せることの無い作品でしょう。
是非、読んで欲しい作品です。
日本人なら読め。ぐらいな勢いです。(笑)その2ですけど。
その1は、司馬遼太郎の「坂の上の雲」ですね。

山崎豊子の作品、全て読んでみたいと思いました。
少しずつでも読んでみようと。
「白い巨塔」も素晴らしい作品だったので。


大地の子〈1〉
大地の子〈2〉
大地の子〈3〉
大地の子〈4〉
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2005/05/03 22:08】 | 読書[や行作家] | トラックバック(0) | コメント(2) | top↑






<<読書「『大地の子』と私」山崎豊子 ★★★★★ | Top | 読書 マンガ「NANA」矢沢 あい 1~12巻 ★★★★☆>>
コメント
いやいや、ここにも豊子ファンが・・・・
正直うれしいですね。なかな小説の感想を共有できる所って少ないので・・・・
また、ちょくちょく覗かせていただきます。
「白い巨塔」もオススメですよ。
【2005/11/05 22:40】 URL | カンジ [ 編集] | page top↑

============================================================

>カンジさん

山崎さんの小説は本当に面白いですよね。
「白い巨塔」も面白かったです。
ドラマより小説の財前が好きです。敬意を表したい(笑)
あと、「女系家族」を読みました。
まだ3作品(4?)しか読んでませんが、少しずつでも制覇出来たら幸せです。(笑)
次回は「華麗なる一族」に挑戦する予定です。
オススメがあれば教えて下さいね。
山崎さんの小説、次回いつ読めるか分かりませんが、
良ければまた遊びに来て下さいね~♪
【2005/11/06 00:09】 URL | tsubami [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://inroom.blog5.fc2.com/tb.php/70-8a73e98a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。