Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | top↑






読書「ダ・ヴィンチ・コード(上下)」ダン・ブラウン (著), 越前 敏弥 (翻訳) ★★★☆
ダ・ヴィンチ・コード(上)ダ・ヴィンチ・コード(下)



単行本
角川書店 上下巻 (2004/05/31)

キリスト教の闇の歴史が明らかになる大問題作、遂に日本上陸!

暗号解読官でもある館長の孫娘は、
一目で祖父が自分だけにわかる暗号を残したことに気付く。
ラングドンと二人でダ・ヴィンチが絵に描きこんだ暗号を解き進むうちに、
キリスト教の闇の歴史が浮かび上がる……


テレビでも話題騒然!
いつだったか、TVで放送されましたよね?(内容は知らないけど)
私は、見たかったんだけど忘れてて見ておりません。

驚異的な売れ行き…。そんなに凄いなら読んでみよう!そんな感じで(笑)
実は、上巻を読んでからしばらく間があき、下巻を読んだんですわ。
一気に上下巻読んでもよかったんやけど、間をおいてしまった。
かな~り!期待し過ぎたからかもしれないなぁ。(笑)
あ。でも、期待の有無かかわらず面白い小説だと思いますよ~。
一気に最後まで読めてしまう類でしょぅ。
キリストや美術に詳しい。或いは、土地勘があればより楽しめると思います。
それら全く皆無の私でも楽しめましたから。(笑)
ウソか誠か‥キリストの秘密(?)とか
ダ・ヴィンチ@最後の晩餐の秘話(?)とか
興味深く面白いなぁと思いましたですよ。

2006年、トム・ハンクス主演で映画化されるそうですが楽しみです♪
きっと、面白い映画になるだろうと思いますね。
トム・ハンクスやし、期待大ですよ。
私には、映画の方が楽しめるかな。と思います。
活字より映像で観た方が、理解しやすいだろうと思うから。(笑)
そして、いつか「パッション」も観てみようと思ってるのですが、
また違った観方が出来そうです。


ダ・ヴィンチ・コード (上)

ダ・ヴィンチ・コード (下)
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2005/04/19 22:24】 | 読書[海外作家] | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






<<映画「インファナル・アフェアIII 終極無間」★★★☆ | Top | ドラマ「幕末青春グラフィティー 福沢諭吉」Bs-i ★★★>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://inroom.blog5.fc2.com/tb.php/65-5ff1f97d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。