Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | top↑






読書 「犯罪小説家」 雫井 脩介 ★★★
新進作家、待居涼司の出世作『凍て鶴』に
映画化の話が持ち上がった。
監督に抜擢された人気脚本家の小野川充は
『凍て鶴』に並々ならぬ興味を示し、この作品のヒロインには、
かつて伝説的な自殺系サイト〔落花の会〕を運営していた
木ノ瀬蓮美の影響が見られると、奇抜な持論を展開する。
待居の戸惑いをよそに、さらに彼は、そのサイトに残された謎の解明が
映画化のために必要だと言い、
待居を自分のペースに引き込もうとしていく。
そんな小野川に、待居は不気味さを感じ始め-。
全篇に充ちた不穏な空気。
好奇心と恐怖が交錯する傑作心理サスペンス。






スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2008/10/17 22:08】 | 読書[さ行作家] | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






<<読書 「告白」 湊 かなえ ★★★★☆ | Top | 読書 「和宮様御留」 有吉 佐和子 ★★★>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://inroom.blog5.fc2.com/tb.php/431-3be86eb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。