Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | top↑






読書 「螺鈿迷宮」 海堂 尊 ★★★
医療界を震撼させたバチスタ・スキャンダルから1年半。東城大学の医学生・天馬は、留年を繰り返し医学の道をリタイア寸前だった。
ある日、幼なじみの記者・葉子から「碧翠院桜宮病院に潜入できないか」と依頼を受ける。桜宮病院は、老人介護センター、ホスピス施設と寺院を一体化した複合型病院で、終末期医療の先端施設として注目を集めていた。

しかし、その経営には黒い噂が絶えないという。
天馬は看護ボランティアとして桜宮病院に通い始めるが、ある時から疑念を感じる。「この病院、あまりにも人が死にすぎる」と…。
『このミス』大賞受賞『チーム・バチスタの栄光』の新鋭が贈る最新メディカル・エンターテインメント。白鳥の最強の部下“氷姫”、ついに登場。





バチスタシリーズです。
とうとう、私も4作品目を読んでしまいました。
内容は、そこそこ面白いんだけど、何が合わないんだろう?と思ってたところ判明!(笑)
海堂さんの書く比喩の仕方が、受け容れがたいんです。
とにかく、大袈裟だと感じるのは私だけなのでしょうか?(笑)




スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2008/03/22 20:55】 | 読書[か行作家] | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






<<読書 「ブラックペアン1988」 海堂 尊 ★★★★ | Top | 読書 「乳と卵」 川上 未映子 ★★☆>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://inroom.blog5.fc2.com/tb.php/414-4074383e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。