Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | top↑






読書 「ゴールデンスランバー」 伊坂 幸太郎 ★★★★
仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、
青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。
昔話をしたいわけでもないようで、森田の様子はどこかおかしい。

訝る青柳に、森田は「おまえは、陥れられている。今も、その最中だ」
「金田はパレード中に暗殺される」
「逃げろ!オズワルドにされるぞ」と、鬼気迫る調子で訴えた。

と、遠くで爆音がし、
折しも現れた警官は、青柳に向かって拳銃を構えた―。
精緻極まる伏線、忘れがたい会話、構築度の高い物語世界―、
伊坂幸太郎のエッセンスを濃密にちりばめた、現時点での集大成。





読む前は、テーマ的に重いのか?!と、思っていたけど、全くの杞憂だった。。(爆)
そして、かなり時代が交錯するのだけど、全く混乱することもなく最後まで楽しめた。
伊坂ワールド満載、伊坂幸太郎らしい逃亡劇だね。



スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2008/03/14 20:29】 | 読書[あ行作家] | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






<<読書 「乳と卵」 川上 未映子 ★★☆ | Top | 読書 「流星の絆」 東野 圭吾 ★★★>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://inroom.blog5.fc2.com/tb.php/412-c2db4d1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。