Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | top↑






読書 「私の男」 桜庭 一樹 ★★★★
 【第138回直木賞受賞作品】
 優雅だが、どこかうらぶれた男、
 一見、おとなしそうな若い女、
 アパートの押入れから漂う、罪の異臭。

 家族の愛とはなにか、超えてはならない、
 人と獣の境はどこにあるのか?
 この世の裂け目に堕ちた父娘の過去に遡る―。
 黒い冬の海と親子の禁忌を
 圧倒的な筆力で描ききった著者の真骨頂。





ずっと気になっていた小説だったので、買っておいた。
そのうち、直木賞候補になって。。。
他の候補作も読んでいないんだけど、
直感的に「私の男」が取るんちゃうかな?と思った。
レビューなんか読んでると、色んな意味で濃厚な印象を受けたから。
で、直木賞受賞後に読むことになった。
しかも、桜庭さんが女の方だったと初めて知りましたの。
ず~っと、男の作家さんだと思ってました。。(・Θ・;)アセアセ…

読んでる時の短絡的な感想として、「凄い、凄い小説」
この言葉が何回、口から出たことか。(笑)

内容の問題じゃなくて、構成だとか、筆力、匂い立つような文体。
とにかく、凄い小説だと思った。

過去に遡っていき、章によって語り手も違ってくる。
最初からの疑問が過去を追うごとに段々と明らかになってくる。
その見せ方が、とにかく巧いっ!
ディテールの素晴らしさ、完璧な小説だと思った。

ただ、内容はホントにダークだ。
でも、哀しい。
テーマは、大きな意味で愛情なのかと・・・・・?!


スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2008/02/01 22:05】 | 読書[さ行作家] | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






<<読書 「ニシノユキヒコの恋と冒険」 川上 弘美 ★★★ | Top | 読書 「プラハ旅物語」 沖島 博美 ★★★★☆>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://inroom.blog5.fc2.com/tb.php/406-9e95c3b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。