Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | top↑






読書「どちらかが彼女を殺した」東野圭吾 ★★★☆




究極の推理小説。うんうん、納得かも~。
二転三転…二転三転……二転三転………
ラスト、どっちが犯人か解らない終わり方である。
私も、ある程度考えてみたけど、┐(; ゜,゜) ┌ ?
この文庫本には推理の手引きと題して
「袋綴じ解説」がついております。
親本が出た時に読者から問い合わせが殺到した為だそう。
しかも、文庫本には親本から一箇所カットされてるんですね。
カギとなる言葉がカットされてるから、よけいに解らない…
「袋綴じ解説」を読んで初めて犯人が解りましたわ!
なるほどね~って感じで、面白かったです。

「分身」「どちらかが彼女を殺した」と妹に借りた本ですが、
妹は、この「袋綴じ解説」を読んでナイみたいなのね。
それで、納得したのだろうか?と不思議だ。(爆)
「袋綴じ解説」を読みながら
もう一度読んでみたら又、面白いかもしれないなぁ。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2005/03/14 23:21】 | 読書[は行作家] | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






<<映画「花嫁はギャングスター」WOWOW ★★★☆ | Top | 読書「分身」東野圭吾 ★★★>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://inroom.blog5.fc2.com/tb.php/36-2fe96772
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。