Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | top↑






読書 「まほろ駅前多田便利軒」三浦しをん ★★★★




三浦さんは、機会あれば読んでみようと思ってた人なので、
(「むかしのはなし」とか「私が語りはじめた彼は」とかね)
もちろん、初めて読む作家さん。

「風に舞いあがるビニールシート」と共に直木賞を受賞したと知って、
この小説も、旬のうちに読んでおこうと思って手に取った小説です。(笑)


「まほろ駅前多田便利軒」このタイトル、変わってるよね。(笑)
まほろとは、東京の「町田」のことみたいよ。
この小説は、全く期待しないで読んだ。(笑)

好き、好き。こういうスタイルの小説、好き~♪
地域密着型の小説って、たくさんあるんだろうけど、
私は、あんまり読んだコトがないので、ある意味新鮮だったのかもしれない。
まぁ、それを除いても面白かった。

日常の流れも良かったんだけど、それぞれが抱えるトラウマ・・・そして再生への過程。
読後感も良かった。

この小説は、映像にしたら面白いと思う。
映画もいいけど、連続ドラマで是非!(いつか、映像化されそう)
その時は、行天役には、オダジョーでよろしく♪それ以外考えられ~ん。
ハマり役だと思うぅぅぅ。
逆に、多田はダレがいいだろ?(*^m^*)


と、ここまでは読んだ直後の素直な感想です。



読んでかなり経ってから、何人かの方のレビューを目にするコトがありまして。

え?!
目から鱗・・・・状態だったわ。

いや、そう思えばそうなのかもしれないけど、
敢えて、そうは思わなかったし、思えなかったモン。
この小説が、BLモノだったなんて?!
設定がいかにもそうなんだって~~~~!
なんか、周知の事実だったみたいで、プチショック。

三浦さんは初めて読む人だし、
まして、BLの小説って、あんまり読んだコトがな~い!
っつぅか、私は、ちょっと苦手なんだよね。
どうも受け入れがたいんですね。

ま、考えてみたら・・・・
そういや・・・・って、思い当たるフシもあるなぁ。(爆)
しかし、私的にはショックだった出来事よ。
ふんっ。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2006/08/06 11:29】 | 読書[ま行作家] | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






<<ドラマ 「海神( ヘシン ) - チャン・ボゴ 」1話~51話完結 ★★★☆ | Top | 映画 「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」劇場 ★★★☆>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://inroom.blog5.fc2.com/tb.php/270-551b2519
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。