Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | top↑






ドラマ 「海神( ヘシン ) - チャン・ボゴ 」1話~51話完結 ★★★☆
海神
韓国放送日 2004年11月24日~2005年5月25日 51部作

出 演
チェ・スジョン
チェ・シラ
ソン・イルグク
スエ
キム・アジュン


キケロの言葉の如く、今から千年も前に偉大な海上帝国を夢見ていた海上王チャン・ボゴ。
彼は唐、日本、アラビアに至る長い海の道を開拓し、
清海 鎭を東北アジア交易の中心地に作り上げた人物で、
国境を乗り越えて海を支配した世界人であり夢見る未来人であった。・・・




確かに面白かった。
見始めると続けてず~っと見たくなる。
現に、毎日毎日、数話ずつ見てたモン。(笑)

最終話は、号泣だった。
声出して泣いてるよ、おぃ!って感じ。(笑)
私は愛より義に泣ける体質かもしれない。w

これは、やっぱり悲劇になるんだろう。
恋愛も成就せず、みんなみんな逝ってしまう。
残ったモノは・・・・・
なんか虚しさの残るドラマだった。

勝てば官軍、負ければ賊軍。
それを地でいってるようなドラマだと思う。

勝ったモノの史料って、賊のコトは良いようには書いてない。
「そうではないんだよ、事実はね」
そんな思いで、賊を覆すために作られたドラマなんだろうけど、
過程を覆すコトは出来ても、最後は史実を曲げるコトは出来ない。
そう思うと、やっぱり虚しさが残る。
ドラマ的に、これはないよね~!っていうのが本音。
(妥協しつつ納得はしてるんだけどね)

最後まで飽きずに面白く見られたけど、
見終わったら何にも残るモノがなかった。
それが少々残念に思う。

しかし、ジャミ婦人を演じるチェ・シラの演技は素晴らしいと思った。
この人、目力が強い。素晴らしく眼で演技をする人だ。
毎回の衣装や髪型、宝石などなども楽しませて貰った。
ジャミ婦人の衣装を見るのが楽しみでもあった。(笑)


あと、ちょっと不満だったのは日本人の描かれ方。
酷い扱われようだな・・・と。
あれが事実だったのか?は、ナゾやけど、
日本人として、あんまり良い気はしないな~。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2006/08/17 23:11】 | ドラマ《韓国》 | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






<<映画 「太陽」劇場  ★★★☆ | Top | 読書 「まほろ駅前多田便利軒」三浦しをん ★★★★>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://inroom.blog5.fc2.com/tb.php/266-412d8647
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。