Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | top↑






読書「最悪」奥田 英朗 ★★★★




面白そうなので、読んでみたかった小説。
奥田さんの本は、伊良部シリーズ3冊しか読んだコトがないので、
ちょっと、普通?(笑)のモノが読んでみたかったというのもある。

伊良部のような小説も書けて、このような小説も書ける。
う~ん、引き出しの多い作家さんなのですね。

この「最悪」タイトル通り、3人の最悪が繰り広げられる。
段々と読むスピードが上がるというように面白かったな。
解説でも書かれていたけど、まるで、映画を観ているような立体感のある小説だと思う。

最後の最後で、3人が繋がるんだけど、そこからがまた可笑しい。
最悪なんだけど、どこか笑える滑稽さがある文章。
内容は救いようがない「最悪」なのに滑稽。(笑)
そこらへんが、映画的であり、読後は爽快でもあった。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2006/06/15 22:24】 | 読書[あ行作家] | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






<<映画「ダ・ヴィンチ・コード」劇場 ★★★ | Top | 読書 漫画「ごくせん(13)」森本梢子 ★★★★>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://inroom.blog5.fc2.com/tb.php/226-c6f5a0ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。