Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | top↑






読書「涙」上下巻 乃南 アサ ★★★★
涙 上巻涙 下巻
涙 上巻 新潮文庫 の 9-15
涙 下巻 新潮文庫 の 9-16



先が知りたくて知りたくて一気に読めてしまう作品だと思う。
これは、サスペンス?になるのかな?
いや、そう一括りには出来ないストーリー性があるような。

一体、何が隠されてるのか?真実は?
読者は、萄子と一緒に疾走すること間違いないでしょう。

宮古島での嵐の夜@慟哭の真実。
ここまで引っ張ってくれたのだから、どんな真実が隠されていたのか?
真実自体は、そう度肝を抜くようなモノじゃないと思うんだよね。
でも、筆者の筆力がモノを言うというか、
「こんなもの?」とは思わせないんだよね。
背景描写を織り交ぜつつ、真実に迫っていく過程と心理描写、見事だと思う。


この前に読んだ直木賞受賞作の「凍える牙」より「涙」の方がずっと面白く感じた。
そう、結果論、面白かったんです!(笑)
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2006/03/08 21:18】 | 読書[な行作家] | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






<<読書「空海の風景」上下巻 司馬遼太郎 ★★★☆ | Top | 読書「風林火山」井上 靖 ★★★☆>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://inroom.blog5.fc2.com/tb.php/195-a6319f7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。