Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | top↑






読書 シェイクスピア全集 4 「夏の夜の夢・間違いの喜劇」 松岡和子 訳 ★★★★☆ 



舞台を観に行くにあたって読んでおこうと思って手に取った。
シェイクスピア作品は、「ハムレット」以来。
ハムレットは、誰の訳だったかなぁ。
ちょっと思い出せないけど、岩波文庫だったように思う。
岩波の本は、いい本が多いけど、ちょっと小難しいと私は思う。(笑)

ハムレットも面白かったけど、この本は、もっと面白い。
というか、松岡和子さんの訳が素晴らしいと思った。
なんといっても読みやすさでしょう!
読みやすくて面白い!と、1番に感じたもの。

松岡和子さん訳のシェイクスピア、超オススメ!
私自身も気に入って、全集制覇したいと思ったもんね~。
また、シェイクスピアの舞台を見に行く機会があれば読みたいと思う。

文庫本にしては、お値段的にちょっと高めかな。
それでも、読む価値有りだな。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2006/02/22 18:31】 | 読書[海外作家] | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






<<読書「欲望」小池 真理子 ★★★★ | Top | 読書「凍える牙」乃南 アサ ★★★☆>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://inroom.blog5.fc2.com/tb.php/190-a273d574
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。