Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | top↑






読書「功名が辻」司馬遼太郎 1~4巻 ★★★☆
1巻2巻3巻4巻


2006年大河原作。
だから、読んでみた。(笑)

最初の数ページで面白いっ!と、思った。
とにかく読みやすく、司馬の筆がノッてるな~という何ていうかライトな印象。
しかし、面白いなと思ったのは2巻~3巻半分くらいまでかな。
後半、特に4巻@最終巻に入ると、ちょっと面白味に欠ける。
最初に感じた一豊と千代@夫婦の微笑ましい可笑しさが、
後半、段々「いかにも内助の功」っていうのが鼻についてくる。(笑)

飽くまでも主観なので。(笑)

小説は小説なので、事実と勘違いする程「純」じゃないと思ってるけど、
千代の内面の言葉は、著者の「言いたかったコト」なんだろうと勝手解釈。(笑)
この小説ほど、著者の思いや好き嫌いが表れてるモノを読んだコトがない。(爆)

一豊は一国一城の主になるには器が小さすぎた。
それは、私も思うコト。
それを著者は、巧みに千代に言わせている。(笑)
どうしても、魅力を感じられない人である。ただ謹直だけではね。。。

そう思うと、土佐の殿さん@藩祖というのが腹立たしいワケよ。
もうちょっと賢い人であれば、幕末まで続く特殊な体勢にはならなかったんではないか?
なぜに、上手に前藩主の部下を召し抱えなかった?と思う。
謹直が故に「徳川には刃は向けぬ」こういう思いが幕末まで律儀に伝わったんだよ。
どっちかっていうと、龍馬好きなので、よけいそう思うワケやね。ハハ

著者は、家康が嫌いなのではないか?
そして、秀吉贔屓なのでは?
そう思わざるを得ない文章であるなぁと。(笑)
私も、家康は好きになれない人物である。
我慢の人で、江戸幕府を築いた礎の人@凄い人であるとは思うんだけど、
なぜに、鎖国なのだ?とか、
士農工商と階級制度なのだ?とか、
要するに色々と気にくわないのであ~る。( ̄∇+ ̄)

結局、山内一豊も徳川派ではないか。。。
そう思いながら読んでると、特に4巻とか、スッキリしない。
っていうか、ムカついてくる。(爆)

この夫婦は、私にとって歴史上の人物として好きになれない。(笑)

しかし、小説は面白いと思う。
特にアレコレ考えずに読めば、満足のいく小説でしょう。


スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2006/01/16 23:27】 | 読書[さ行作家] | トラックバック(0) | コメント(2) | top↑






<<読書「博士の愛した数式」小川洋子 ★★★ | Top | ドラマ「河井継之助 ~駆け抜けた蒼龍~」 DRAMA COMPLEX 日本テレビ ★★★★>>
コメント
頑張った読みましたよーっ!
思いがけず三巻目が私的にはオモシロくて助かりましたw
しかし、やっぱりこの夫婦は好きになれないし、なんだかなー
って感じでした。

今同じく司馬先生の関ヶ原を読んでいる訳なんですけれども、
司馬先生の書く家康公がちょっと苦手です(^^ゞ
私は家康身贔屓ですのでね(笑)でもまぁ興味深く読んでいます。この関連でこの前後の時代に興味を持ち始めたので、また何か
いい本があったら教えて下さいね。
【2006/02/16 00:45】 URL | なお [ 編集] | page top↑

============================================================

>なお
おおぉぉぉ!!読破したんだ~?
頑張った、頑張った!!
もう、挫折したと思ってたよ~~。(笑)

この夫婦、好きになれないっすか?やっぱり?(爆)
イマイチ・・・・読後感の良い小説じゃないよね。

関ヶ原、読んでるのね。
司馬@家康、ダメ?
う~ん、それは解るような気がします。
なお、家康好きだったもんね。江戸っ子やし!
司馬遼太郎って、ホントに家康キライなんじゃない?
文章から、めちゃ感じるんですけども。~(=^‥^A
その気持ちも解らないではないけど。(笑)

まぁまた、感想聞かせて下さい♪
あたしも、いつか読んでみるので。

そうだね、また何か面白そうなのあったらオススメします。
こちらも教えてちょ♪

沢山のコメントをどうもありがとう!
また、カブったものがあれば感想聞かせてね。
ではでは。
【2006/02/16 23:20】 URL | tsubami [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://inroom.blog5.fc2.com/tb.php/173-5dda141e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。