Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | top↑






ドラマ「河井継之助 ~駆け抜けた蒼龍~」 DRAMA COMPLEX 日本テレビ ★★★★
河井継之助 河井継之助 …中村勘三郎
 すが … 稲森いずみ
 安子 … 京野ことみ
 稲葉隼人 … 伊藤英明
 小林虎三郎 … 佐野史郎
 川島億次郎 … 吹越満   他。



このドラマは、司馬遼太郎の「峠」が原作?
勘三郎は、「峠」を読んで、ず~っと『河井継之助』を演じてみたいと思っていたそうだ。

そのいう私も「峠」の大ファン。
もうね、ドラマ化を知ったときは、嬉しかったですよ~。
『河井継之助』を取り上げてくれたコトへの喜びっすね。

勘三郎@河井継之助。
ドラマを見る前も後も、ちょ~っと違和感アリかな。
決して、悪いとかじゃないんだけど、何かが違う。
そんな感じがしてしまう。
もっともっと骨太な印象があるからかな~。

ドラマ自体は、面白く見ました。
ただ、やっぱり、2時間では短すぎるよねぇ。
走る、走る、走る・・・・
そんな印象は否めないな~。
よほどの脚本じゃないと満足できないと思う。

機会あれば、連ドラとか10時間ドラマで取り上げて欲しいな。
きっと、面白いモノになると思うんだけど。(笑)


そんなこんな書きながらも最後は泣けちゃったんだけどね。ハハ

そして、談判決裂の場面は、最も重要だと思ってるので、
真剣に、獅童@岩村には腹が立った。(笑)
「あの岩村のアホ―――――ッ!!!」って、言ってしまうぐらい。
マジで、岩村だったのが悲劇だと思う。
黒田だったら、あんな対応はしないと思うモン。


しかし、これも、時流だったのかもしれません。
『河井継之助』という家老を持ったことが、
長岡藩にとっても、継之助にとっても不幸と言えるでしょう。

継之助が、違う立場の人間として生きていたなら、
もしかしたら、明治・・・もっと違った時代になっていたかも?
歴史に、「もしも」は、タブーなんだけど、考えてしまう。(笑)
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2005/12/27 23:55】 | ドラマ《日本》 | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






<<読書「功名が辻」司馬遼太郎 1~4巻 ★★★☆ | Top | 映画「SAYURI」劇場 ★★★☆>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://inroom.blog5.fc2.com/tb.php/172-5e2696c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。