Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | top↑






読書「容疑者Xの献身」東野圭吾 ★★★☆




東野圭吾の最新刊。といっても、発売後3ヶ月…経ってるかな。(笑)
「探偵ガリレオ」&「予知夢」短編集に出てくる
‘帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学’の初長編小説。
湯川の長編が連載中ってのは聞いてたので、本になったら読んでみたいとは思っていた。
短編の方は、ちょっと物足りなかったので長編だったら面白いかも?と思って。

「探偵ガリレオ」&「予知夢」の湯川とは、ちょっと違うキャラ?だよね。
ミステリーと同時に純愛小説でもあるそうな。

絶讃意見が多い中、私は手放しに「絶讃」とは思えなかった。
巧すぎるが故、納得できないっていうのかな。
小説として非常に完成度は高いと思う。伏線の張り方も巧い。
トリックも(ミステリー慣れしてる人には途中で解るように思うけど)
私は、「ウソン!」って感じだったし(笑)
オチも、グッとくるものはあった、確かにね。
面白いし、読みやすいし、オススメとして充分値する小説だと思う。

けど、どこか煮え切らない共感できない部分があるんだよね。
これを純愛と呼ぶのかな?という思いもある。
確かに、“無償の愛”と呼ぶに値する行為なんでしょう。
そうと知るまでに、描かれていた数々のシーン。
最後になって、ヤラれた~。と、ただただ敬服です。
計算され尽くした小説だよね。(笑)そして、どこか映像的なのね。

無償の愛・・・・・
私には、そうは思えなかった。
石神のエゴとしか捉えることが出来なかった。
自分は、恩返しのつもりで愛した人を守るため満足しているかもしれないが、
そうやって残された方は、罪の意識に苛まれ生きて行く事になるんじゃないのかな?
事実、娘の自殺未遂をどう取るか?

だから、最後も石神に共感することは出来なかった。
こうなって当たり前としか。。。
純愛の言葉にも「?」です。

きっと、こういう感想は少数だと思います。・・・( ̄  ̄;)
東野さんは、「白夜行」「秘密」が私の中でダントツなので、
どうしても要求が高くなるのかもしれません。
そうして、新刊が出ると読むのは読むんだろうなぁ。(笑)

メゲずに(笑)あと2冊、読みたかった小説があるので続けて読んでみます♪
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2005/11/14 18:53】 | 読書[は行作家] | トラックバック(1) | コメント(0) | top↑






<<読書「手紙」東野圭吾 ★★★★ | Top | 読書「ナラタージュ」島本理生 ★★★>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://inroom.blog5.fc2.com/tb.php/157-80fa03e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『容疑者Xの献身』
 ミステリ、中でも推理小説を読むことは、柔道に似ている…と断言してみよう。 作者のトリックに翻ろうされ、読者は“驚きの真相”という投げを喰らう。本によっては、乱暴に放られたり、絞め落とされることもある。 東野圭吾の本作は、見事な一本背負い。鮮やか.... 天竺堂通信【2006/01/18 08:58】
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。