Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | top↑






ドラマ「六千人の命のビザ」 ★★★★☆
六千人の命のビザ
戦後60年ドラマスペシャル
『日本のシンドラー 杉原千畝 物語・六千人の命のビザ』

外交官の杉原千畝(反町隆史)がリトアニアに赴任して暫く経つと第二次世界大戦が勃発。
ナチス・ドイツはポーランドの西半分を制圧し、ユダヤ人への迫害を始める。
そしてリトアニアはソ連に併合される事になり、日本領事館に閉鎖命令が下される。
そんな折、日本領事館にポーランドから逃れてきたユダヤ難民が押し寄せ、
日本の通過ビザの発給を求めてくる。千畝は外務省に再三に渡ってユダヤ難民に
ビザを発給する許可が欲しいと電報を打つが、ビザは出せないという最終通告が届く。
だが、退去期限がひと月に迫った時、千畝は外務省の命令に背く事を決意し、
ユダヤ難民たちにビザの発給を行う…。

長期にわたるリトアニアロケを敢行!
日本国内では出せない、本物の欧州の雰囲気や美しい街。
俳優陣の迫真の演技!
リトアニア人エキストラの熱意…!
それら全てがこの壮大な人間ドラマを作り上げています。


原作:杉原幸子「六千人の命のビザ」大正出版刊
脚本:渡邉睦月(ドラマ「太陽の季節」「逃亡者」)
音楽:アンドレア・モリコーネ(映画「ニューシネマパラダイス」)
監督:渡邊孝好(映画「君を忘れない」「居酒屋ゆうれい」「ヒナゴン」)
キャスト:反町隆史・飯島直子・吹石 一恵・勝村政信・生瀬勝久・伊武雅刀・伊東四朗



昨日、放送されたドラマです。録画してたので今日観ました。
「戦後60年記念」と謳われたモノは食指を動かされ観られる時は観ます。
特に「日本のシンドラー」という部分に惹かれてしまいました。(笑)

しかし、杉原千畝?全く知らなかった人物です。
それもそうかもしれない。杉原が名誉回復されたのが1991年のコトなんだそう。
歴史に名を残した人物だとしても、それまでは水面下だったんだから。

日本にも、こんなに素晴らしい人物がいたんだと誇りに思いました。
現在の外交官に杉原のような骨太な人がおります?
当時、こんな素晴らしい人物を免官してしまうなんて・・・・・
外務省のアホさ加減に嫌気が差す思いです。( ̄□


リトアニア。ちょびっとだけ行ってみたいなぁ~って思いました。
空港が、とっても可愛いんですって!(笑)
それから、「シンドラーのリスト」真剣に観てみようと思ったのでした。
未だ最初から最後まで真剣に観たコトがないのです・・・~(=^‥^A
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2005/10/12 23:52】 | ドラマ《日本》 | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






<<読書 漫画「ママとおしゃれ関係」かわちゆかり ★★★ | Top | 読書「看守眼」横山秀夫 ★★★★>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://inroom.blog5.fc2.com/tb.php/142-c2bdaebf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。