Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | top↑






映画「蝉しぐれ」劇場 ★★★☆
蝉しぐれ藩内の権力闘争に翻弄される男女の切ない悲恋を描く本格時代劇。不当な汚名に耐え、ようやく家の復権がかなった青年藩士が、かつて淡い初恋を育んだ幼なじみと皮肉な再会を果たし、新たに巻き起こる派閥抗争の渦の中で、藩に仕える武士としての宿命を背負い非情な運命に立ち向かう姿を四季折々の美しい映像と共に綴る。


監督:黒土三男
原作:藤沢周平『蝉しぐれ』
出演:
市川染五郎[7代目]
木村佳乃
ふかわりょう
今田耕司
原田美枝子
緒形拳



期待していた以上ではなかったけど、それなりに良かったと思います。
春夏秋冬、四季折々@映像の美しさは秀逸。
原作のノスタルジックな感じがよく出ているように思いました。
しかし、虫?とかのアップ映像は、「いかにも」って感じがして、
私は“狙った”感がイヤらしく感じてしまった。・・・素直じゃないねぇ(笑)自分。

緒形拳の演技、良かったなぁ~。最初の方で死んじゃうのが勿体ない。
染五郎もイメージ的にはハマってたと思います。
ちょ~っと、台詞回しで気になる部分はあったけど、良かったんじゃないかな。
あと、ふくの子役が良かったです。凄い別嬪さんやし。(笑)

で。今田耕司ですよ(笑)笑いの線をそのままイッちゃってました。
クスクス笑いが起こってましたね。
それは、「蝉しぐれ」に必要だったのだろうか?ちょっと疑問。??

私的に、この映画は音楽で泣かされました。
一青窈@「かざぐるま」
非常に映画に合ってるんでしょうね。
流れた途端に涙腺ゆるむ。その繰り返し?みたいな?
ヤラれちゃったよ、かざぐるまに。(笑)

ま、全体で観れば原作の良さを出し切っているようには思えませんでしたけどね。
2時間という短い時間では「全て」はムリなんでしょう。
そういう意味では、ドラマの方が良いのかもしれません。
私は、未見ですのでレンタルして観たいと思います♪

そして、ラストですよ。
う~~~ん、微妙です。(笑)


 

   蝉しぐれ@ドラマ




スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2005/10/02 22:11】 | 映画【日本】 | トラックバック(1) | コメント(2) | top↑






<<読書「合本 真夜中の弥次さん喜多さん」しりあがり寿  漫画 ★★★ | Top | 読書「天国までの百マイル」浅田次郎 ★★★☆>>
コメント
TBさせて貰いました。
本当映像は美しかったです。そして音楽もよかったし。
緒方挙もよかったですよね。
だけど私はふくの子役にやられてしまいました(笑)
あの演技素晴らしいかったです。あの演技に泣かされましたT^T)

今田耕治…私は可でした(笑)それよりも、ふかわりょうの方が
私的に否でした(ーー;)なにか逸平のイメージと違うような…。

ドラマの方は見ましたか?私は見る予定ないのですけど(^^ゞ
また感想聞かせてくださいネ♪
【2005/11/03 05:40】 URL | なお [ 編集] | page top↑

============================================================

TBありがとう♪

映像の美しさ&音楽のハマり具合、良かったよね。
それと、ふくの子役ね。
あたしも、役者の中じゃ一番印象に残ってる。
素晴らしい演技だったね。

今田耕治、可で、ふかわ、否。(笑)
微妙~な二人だな。(爆)
確かに、逸平のイメージとはちょっと違うように思うわ。
もっと、骨太なイメージというか・・・?

ドラマの方は、まだ観てません。
観たいとは思いつつも、なかなかレンタルできないでいる。~(=^‥^A
また、再放送やってくれないかな?と。
再々放送は、ムリかな?(笑)
観たら感想はUpするので気長にお待ちくださいませ。(笑)
【2005/11/04 21:57】 URL | tsubami [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://inroom.blog5.fc2.com/tb.php/135-1aff99f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
映画 蝉しぐれ
観賞後に余韻の残る作品でした。特にふくの少女役の佐津川愛美の演技が素晴らしかったです。セリフはそんなにないのに顔の表情、仕草で気持ちを表現する。本当に素晴らしかったです。特に印象的なのは文四郎が亡き父を大八車で運ぶ場面。 凛 -雑記帖-【2005/11/03 05:33】
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。