Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | top↑






読書 「悪果」 黒川 博行 ★★★★
かつてなくリアルに描かれる
捜査の実態と癒着、横領、隠蔽、暴力、

…日本警察の真実のなかにあぶりだされる
男たちの強烈な光と闇。











スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2008/10/26 22:21】 | 読書[か行作家] | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






読書 「虚夢」 薬丸 岳 ★★★☆
愛娘を奪い去った通り魔事件の犯人は
「心神喪失」で罪に問われなかった。

運命を大きく狂わされた夫婦はついに離婚するが、
事件から4年後、元妻が街で偶然すれ違ったのは、
忘れもしない「あの男」だった。











------------------------------------------------------------
【2008/10/22 22:18】 | 読書[や行作家] | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






読書 「告白」 湊 かなえ ★★★★☆
愛美は事故で死んだのではありません。
このクラスの生徒に殺されたのです。

第29回小説推理新人賞受賞。












------------------------------------------------------------
【2008/10/19 22:13】 | 読書[ま行作家] | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






読書 「犯罪小説家」 雫井 脩介 ★★★
新進作家、待居涼司の出世作『凍て鶴』に
映画化の話が持ち上がった。
監督に抜擢された人気脚本家の小野川充は
『凍て鶴』に並々ならぬ興味を示し、この作品のヒロインには、
かつて伝説的な自殺系サイト〔落花の会〕を運営していた
木ノ瀬蓮美の影響が見られると、奇抜な持論を展開する。
待居の戸惑いをよそに、さらに彼は、そのサイトに残された謎の解明が
映画化のために必要だと言い、
待居を自分のペースに引き込もうとしていく。
そんな小野川に、待居は不気味さを感じ始め-。
全篇に充ちた不穏な空気。
好奇心と恐怖が交錯する傑作心理サスペンス。






------------------------------------------------------------
【2008/10/17 22:08】 | 読書[さ行作家] | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






読書 「和宮様御留」 有吉 佐和子 ★★★
瓦解目前の徳川将軍家に降嫁を命ぜられた
皇妹和宮の身替りとなって、
歴史の波の赴くままに運命を弄ばれた少女フキの数奇な一生と、
その策謀の陰で、
時代への抗いを貫き通した女たちの、苦悩にみちた境涯。

無力であった者への鎮魂の思いをこめて描き上げた
有吉文学渾身の長編歴史小説。
毎日芸術賞受賞作。









------------------------------------------------------------
【2008/10/16 21:17】 | 読書[あ行作家] | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。