Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | top↑






読書 「ジーン・ワルツ」 海堂 尊 ★★★☆
美貌の産婦人科医・曾根崎理恵――
人呼んで冷徹な魔女(クール・ウイッチ)。

人工授精のエキスパートである彼女のもとに
それぞれの事情を抱える五人の女が集まった。
神の領域を脅かす生殖医療と、
人の手が及ばぬ遺伝子の悪戯がせめぎあう。

『チーム・バチスタの栄光』を越えるドラマティックな衝撃があなたを襲う!








さすが、お医者さん。リアリティが凄かったです。
とても興味深く読むことができました。

現代の医療を如実に表しているように思います。
ある意味社会派の小説ですね。
読んで損はない小説でしょう。




スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2008/05/02 15:23】 | 読書[か行作家] | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。