Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | top↑






読書 「沈まぬ太陽」1巻~5巻 山崎豊子 ★★★★★


沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上)
沈まぬ太陽〈2〉アフリカ篇(下)
沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇
沈まぬ太陽〈4〉会長室篇(上)
沈まぬ太陽〈5〉会長室篇(下)




山崎さんの小説は社会派が多いんだろうけど、この小説もそうですね。
内容は重い。
しかし、一気に読ませる魅力があるのが山崎さんだと思う。
緻密な取材と考察、そして、その勇気と筆力。
素晴らしい作家さんだと思う。

限りなく現実に近い小説なんでしょう。
組合活動のくだりとか、リアル過ぎて感心してしまった。
ノンフィクションと言ってもOKなんだろう。


御巣鷹山事故は、私にとっても生涯忘れられない事故のひとつ。
ある夏休み、TVを見てたら突然飛び込んできたニュース。
止めどなく涙が溢れてきたのを覚えている。

その根底に潜んでいたモノ。
それらを知ることが出来ただけでも、この小説を読んだ甲斐があったと思う。

企業の腐敗、そして、権力とは、こんなに汚いモノなのか。
自らの私利私欲の為の犠牲。
憤りと共に今の日本社会は、こういったモノで成り立っているのか。
と、いう絶望にも似た感情。
「善」を貫くのが、こんなにも困難とは思わなかった。

果たして、現在はどうなってるんだろう?
利権が絡む限り、改善は無いんだろうなぁと思ってしまう。
そう、小説の最後が物語ってるように思う。


一読の価値アリの小説です。
オススメ!
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2006/08/30 22:36】 | 読書[や行作家] | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






ドラマ 「プリズン・ブレイク」Vol.1~Vol.7(全13話) ★★★☆
プリズン・ブレイクタイムリミットは30日――
IQ200の脱出計画
兄を助けたい…
すべてを捨てて弟は飛びこんだ!



賛否両論あるみたいやね。
特に、「24」と比べると・・・・・っていうのが多いように思う。
まぁね、比べたら、やや面白味に欠けるかもしれない。
疾走感や、ハラハラドキドキ感が少ないのかもしれない。

観る者の個人差があるんだろうけど、私は最後まで面白く観られた。
一の要因は、主役のウェントワース・ミラーにツボったこと。(笑)
マイケル役素敵です!カッコイイです!( ̄▽ ̄*)
「白いカラス」(出てる)チェキりますぅ!!(爆)

内容的にも、こんなモンでしょ。ってところで満足してる。(笑)
あらら~なところで終わってしまったので、続きは観るつもり。( ̄∇+ ̄)v

最後の1枚に、「24」@シーズンⅤの1話が入ってて。
おお!最初から面白いっ!
やっぱり、「24」の方が面白いなぁと実感したのも否めない。(爆)
------------------------------------------------------------
【2006/08/27 22:03】 | ドラマ《アメリカ》 | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






ドラマ 「茶母(タモ)」1話~14話完結 ★★★☆
茶母17世紀末の朝鮮王朝時代を舞台にしたスーパーアクション時代劇。
捕盗庁(ポドチョン=当時の警察)の茶母(タモ=役所の下働きの女性)
チェオクはその聡明さとずば抜けた武術の腕が認められ、
犯罪事件の捜査で活躍していた。
上司のファンボ・ユンとは身分の違いがあるものの兄妹同然に育ち、
互いに思いを秘めた間柄。
そしてチェオクには幼いころに生き別れた本当の兄がいた……。




NHKで放送されていた「チェオクの剣」のオリジナル。字幕ノーカット版。
このDVDも友達に借りていたモノ。
う~ん、約1年越しになるのかしら~。~(=^‥^A
当時、2話だけ観て・・・・・1年間見向きもせず状態だったワケよ。

1年ぶりに韓国大河鑑賞に火がついて(特にダンナが…)笑。。
また色々と見始めたので、その流れでや~っと「茶母」も観ようという気に。

珍しくこのドラマは、14話完結と短い。
しかし、内容はジュウブン濃縮されていたように思う。

この手のアクションは少々苦手な部類だったけど。(笑)
なかなか面白かった。
ラスト、またもや号泣とまでいかないが、微弱ながら泣き泣き(┯_┯)
------------------------------------------------------------
【2006/08/25 21:36】 | ドラマ《韓国》 | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






映画 「太陽」劇場  ★★★☆
太陽東京へ行ったついでに、
銀座シネパトスで「太陽」を観ました。

この映画、結構いま話題でしょ?
私的にも食指が動く内容だったのね。
たぶん、こっちじゃ公開しないだろうと思い、
どうしても観たかったので、観てきたワケやけど。





一見の価値アリの映画だと思うよ~。
日本じゃ絶対制作できない内容だと思うモノ。
公開できたのが凄いかも?とさえ思える。

退屈と言ってしまえば、それまでかもしれないけど、
(隣に座ってたお婆ちゃん、イビキかいて寝てたモン)笑。
イッセー尾形演じる昭和天皇、観る価値アリアリ。
ダンナ曰く、ソックリって言ってました。
特徴をよく掴んでいると。
私は、昭和天皇に関して曖昧・・・というか、
忘れ気味なので(すみません)何とも言えないんすけどね。(笑)

「あ、そう。」と言う台詞がとても印象に残る映画だった。
そして、もう一度ジックリ観たい映画でもある。
------------------------------------------------------------
【2006/08/20 22:22】 | 映画【少数】 | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






ドラマ 「海神( ヘシン ) - チャン・ボゴ 」1話~51話完結 ★★★☆
海神
韓国放送日 2004年11月24日~2005年5月25日 51部作

出 演
チェ・スジョン
チェ・シラ
ソン・イルグク
スエ
キム・アジュン


キケロの言葉の如く、今から千年も前に偉大な海上帝国を夢見ていた海上王チャン・ボゴ。
彼は唐、日本、アラビアに至る長い海の道を開拓し、
清海 鎭を東北アジア交易の中心地に作り上げた人物で、
国境を乗り越えて海を支配した世界人であり夢見る未来人であった。・・・




確かに面白かった。
見始めると続けてず~っと見たくなる。
現に、毎日毎日、数話ずつ見てたモン。(笑)

最終話は、号泣だった。
声出して泣いてるよ、おぃ!って感じ。(笑)
私は愛より義に泣ける体質かもしれない。w

これは、やっぱり悲劇になるんだろう。
恋愛も成就せず、みんなみんな逝ってしまう。
残ったモノは・・・・・
なんか虚しさの残るドラマだった。

勝てば官軍、負ければ賊軍。
それを地でいってるようなドラマだと思う。

勝ったモノの史料って、賊のコトは良いようには書いてない。
「そうではないんだよ、事実はね」
そんな思いで、賊を覆すために作られたドラマなんだろうけど、
過程を覆すコトは出来ても、最後は史実を曲げるコトは出来ない。
そう思うと、やっぱり虚しさが残る。
ドラマ的に、これはないよね~!っていうのが本音。
(妥協しつつ納得はしてるんだけどね)

最後まで飽きずに面白く見られたけど、
見終わったら何にも残るモノがなかった。
それが少々残念に思う。

しかし、ジャミ婦人を演じるチェ・シラの演技は素晴らしいと思った。
この人、目力が強い。素晴らしく眼で演技をする人だ。
毎回の衣装や髪型、宝石などなども楽しませて貰った。
ジャミ婦人の衣装を見るのが楽しみでもあった。(笑)


あと、ちょっと不満だったのは日本人の描かれ方。
酷い扱われようだな・・・と。
あれが事実だったのか?は、ナゾやけど、
日本人として、あんまり良い気はしないな~。
------------------------------------------------------------
【2006/08/17 23:11】 | ドラマ《韓国》 | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






読書 「まほろ駅前多田便利軒」三浦しをん ★★★★




三浦さんは、機会あれば読んでみようと思ってた人なので、
(「むかしのはなし」とか「私が語りはじめた彼は」とかね)
もちろん、初めて読む作家さん。

「風に舞いあがるビニールシート」と共に直木賞を受賞したと知って、
この小説も、旬のうちに読んでおこうと思って手に取った小説です。(笑)


「まほろ駅前多田便利軒」このタイトル、変わってるよね。(笑)
まほろとは、東京の「町田」のことみたいよ。
この小説は、全く期待しないで読んだ。(笑)

好き、好き。こういうスタイルの小説、好き~♪
地域密着型の小説って、たくさんあるんだろうけど、
私は、あんまり読んだコトがないので、ある意味新鮮だったのかもしれない。
まぁ、それを除いても面白かった。

日常の流れも良かったんだけど、それぞれが抱えるトラウマ・・・そして再生への過程。
読後感も良かった。

この小説は、映像にしたら面白いと思う。
映画もいいけど、連続ドラマで是非!(いつか、映像化されそう)
その時は、行天役には、オダジョーでよろしく♪それ以外考えられ~ん。
ハマり役だと思うぅぅぅ。
逆に、多田はダレがいいだろ?(*^m^*)


と、ここまでは読んだ直後の素直な感想です。



読んでかなり経ってから、何人かの方のレビューを目にするコトがありまして。

え?!
目から鱗・・・・状態だったわ。

いや、そう思えばそうなのかもしれないけど、
敢えて、そうは思わなかったし、思えなかったモン。
この小説が、BLモノだったなんて?!
設定がいかにもそうなんだって~~~~!
なんか、周知の事実だったみたいで、プチショック。

三浦さんは初めて読む人だし、
まして、BLの小説って、あんまり読んだコトがな~い!
っつぅか、私は、ちょっと苦手なんだよね。
どうも受け入れがたいんですね。

ま、考えてみたら・・・・
そういや・・・・って、思い当たるフシもあるなぁ。(爆)
しかし、私的にはショックだった出来事よ。
ふんっ。
------------------------------------------------------------
【2006/08/06 11:29】 | 読書[ま行作家] | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






映画 「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」劇場 ★★★☆
鑑賞3日前に、前作を鑑賞。
なので、人物関係とか前作との比較とか楽しめた。

結構、長いんだけど飽きずに観られたってコトは、
内容的に面白かったんだろうと思う。
ジョニー好きなので、贔屓目入ってるのかな?とも(笑)

私的には、前作の方が好きなの。
悪の美学っていうのかな、映像が美しかったモン。

今回、ちょ~っとヤリスギ?感が否めないのよ~。
タコ?イカ?あの怪物のようなモンは何ですか?!(爆)
う~ん、映像的にキタナイと思ったのは私だけ?
品がないの。下品っす。~(=^‥^A
前作は、悪の中にも品があったと(映像的に)私は思ってるので、
よけいにそう思ってしまうのかな~。

でも、ジョニーはカッコよかったし、更にハジけて面白かった。
ホント、笑える箇所多々あり!(爆)
ジョニー好きな方は、進んで観ましょう!(*^m^*) ムフッ

完結編が楽しみ♪
------------------------------------------------------------
【2006/08/03 23:47】 | 映画【アメリカ】 | トラックバック(0) | コメント(2) | top↑






読書 「風に舞いあがるビニールシート」森 絵都 ★★★☆



ずっと気になっていた作家さん。
「いつかパラソルの下で」をいつか読もうと思ってたの~。

で。今回、直木賞を受賞したと知って、
旬のうちに読んでおこうと思って読んでみました。(笑)


この小説は、6つの短篇からなる小説。
変わったタイトルだなぁと思っていたが、表題作となる作品を読めば意味が分かる。
この小説は、以前に何処かの読書レビューで大絶讃だったので気にはなっていた。
やっぱり、表題作が一番良いらしく、号泣・・・と、書いてあった。
人間の心理として、期待するよねぇ。
めちゃくちゃ期待して読んだ!!(笑)

「期待を上回る出来」と、言えるには何かが不足してたんだろうと思う。
確かに、良い小説だった。
期待し過ぎず読めば、表題作は間違いなく号泣モノの小説かもね。
表題作以外の短篇も面白かった。
テーマが希有な感じでね。
それぞれカラーが全く違うので、お気に入りを探してみては?(笑)
私のお気に入りは、「鐘の音」
仏像の修復師のお話し。あまり人気ないみたいやけど、私は良かった~~。
------------------------------------------------------------
【2006/08/03 18:15】 | 読書[ま行作家] | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。