Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | top↑






読書「そして夜は甦る」原  ★★★




主人公@沢崎シリーズは、4冊出てるのかな。
そのハードボイルド第一弾にして処女長編ということです。
レイモンド・チャンドラーに心酔する著者なんですが、
残念ながら私自身、チャンドラーを読んだコトが無いので何とも言いようが…
チャンドラーを読んだコトある人なら、細かい所まで面白く感じるんだろうな。
和製にして洋ものというか、文章的にそういう印象を持ってしまった。
だから、好きな人にはハマる格好良さがあると思う。
私は、淡々とした印象(文章)だったけど、物語的には結構、面白かったです。
ラストは。。なるほど、「そして夜は甦る」ね。。って。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2005/01/31 22:38】 | 読書[は行作家] | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






読書「二つの山河」中村彰彦 ★★★★




徳島のドイツ館。一度だけ行ったコトあります。
確か、大麻@初詣の帰りに立ち寄った記憶が…その時は深く考えずで。
数ある収容所の中でも、徳島は好例も好例だったようです。
それはそれは、いまの時代になっても地元民にとっては嬉しく思います。
ひとえに所長だった「松江豊寿」の考えによるもの。
彼の父親が会津出身で、戊辰からの戦いをくぐり抜けてきた人。
そういう環境の中で育った松江豊寿。「そうだからこそ」と、納得しました。
本当に涙が出るくらい心温まるお話しです。
中村彰彦の本は何冊か読んだけど、この人の時代もの好きです。
------------------------------------------------------------
【2005/01/24 22:35】 | 読書[な行作家] | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






ドラマ「自由戀愛」dorama W ★★★★
自由戀愛
2005.01
原作:岩井志麻子
脚本&演出&監督:原田眞人
豊川悦司
長谷川京子
木村佳乃

大正ロマンです。「ロマン」と呼ぶだけあって、
大正とは、短い期間ではあるけれど良い時代だったんだなぁ~って思える。
日露戦争に勝ち、財閥成長期だったのも影響してるのかな。

このドラマは、私的には結構面白かったです。
原作より良いんじゃないかと思いました。個性が詳細に描かれてたと思うから。
そして。終わりよければ全て良しと言うけれど、
このドラマの最後、いいんじゃないですか。って感じで好きです。
ある意味、社会派ドラマと言ってもイケますよね。
キャストも、それぞれ役に合ってると思いましたですよ。
原作者の岩井志麻子さんもチラっと出演してます。(笑)

「自由戀愛」「職業婦人」に憧れる上流階級。
夫が妾を持つのは当たり前?!子供を産めない嫁は実家へ帰される。。
そういう時代だったんだよね~。
ドラマのラストは、そういう時代@女の憧れかもしれませんね。

------------------------------------------------------------
【2005/01/24 22:27】 | ドラマ《日本》 | トラックバック(1) | コメント(0) | top↑






映画「キル・ビル Vol.1」WOWOW ★★★★




2003.アメリカ
監督:クエンティン・タランティーノ
ユマ・サーマン
デヴィッド・キャラダイン
ダリル・ハンナ
ルーシー・リュー
千葉真一
栗山千明

結婚式の日にかつてのボスに襲撃され、
すべてを失った最強の女暗殺者の果てしない復讐の旅。第一作。
監督は、クエンティン・タランティーノ。バイオレンス色の濃いB級映画?!


やっと観ましたよ~。友達にDVD(コピー)を借りてたのですが、
ナゼだか吹替でしか観れず、観る気になれなくて観てなかったのだな。(笑)
やっぱり、噂に聞く(爆)ユマ・サーマンのヘンテコな日本語を生で聴かなきゃね。w
こりゃ、賛否両論に分かれる超マイナーちっくな映画だと思うわ~。(爆)
私は、イケた口です。(笑) 面白かったです。ガハハハハハ!
メチャクチャなのがいいじゃん!って感じで。マンガやし、ホント、ハチャメチャだ。
ユマ・サーマンの日本語も可笑しい――――っ! しかも。。。
所々、日本語で喋るのはナゼ?日本語、解せるのはナゼ?って感じやし。w
Vol.2も、そのうち観れるかな~。<WOWOW ( ̄▽ ̄)
------------------------------------------------------------
【2005/01/16 22:16】 | 映画【アメリカ】 | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






映画「カンフーハッスル」劇場 ★★★☆




2004.中国・アメリカ
監督:チャウ・シンチー
チャウ・シンチー
ユン・チウ
ユン・ワー
ドン・ジーホワ
シン・ユー

「少林サッカー」のチャウ・シンチー監督がカンフー映画に挑んだアクション・コメディ。


今年第一弾の映画鑑賞は、カンフーハッスルとなりましたっ。(笑)
「ハウル~」を観たかったんだけど、満席だったので断念ってワケが裏にあったり(爆)
妹、弟、義妹たちとゾロゾロ観に行ったんやけど、ワイワイ楽しめて良かったかも。
マンガです、マンガの世界です。(笑)結構、笑えるし面白かったです。
でも、映像は決してキレイじゃないし、バイオレンス色も濃かったですね。。。
私としては、それなりに楽しんでるんだけど、
ナゼだか…?心の底から「面白かった~!」という感想は持てなかったんですね。
それをいうなら、「少林サッカー」の方が楽しめたし、私は好きだな。
------------------------------------------------------------
【2005/01/10 19:41】 | 映画【中国】 | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






読書「きらきらひかる」江國香織 ★★




1日で読めてしまう200p ほどの文庫本。いまごろ‥‥‥ですが、
何げに買った本でもある。(笑)映像化もされてるよね?(観てないけど)
レビューを読んでみると評判も良かったりします。
読み終えたあと、作風が「冷静と情熱の間」に似てるなぁ。
などとバカなコトを思っていた。~(=^‥^A アセアセ・・・
同じ著者なんだから、当たり前(?!)じゃないか!と自爆でした。(爆)
どうなんだろ?やっぱり、好みの問題なんじゃないかな。
私的には、こういう結婚(恋愛)に感動も共感も出来なかった。
やっぱり私に、プラトニックものはムリなのか?!(爆)
------------------------------------------------------------
【2005/01/09 19:07】 | 読書[あ行作家] | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






読書「ぼんくら」宮部みゆき ★★★




久しぶりに読んだ宮部作品でした。新春第一弾読破作品っ。(笑)
宮部さんの時代ものって、結構好きですね。
特に登場人物に入れ上げるとか(笑)物語が超面白いっていう感情は
沸かなかったんだけど、そこそこ面白い作品だったかな。
もっと、奇想天外なストーリーを期待してたってのはあるけど。(笑)
ただ、江戸時代の下っ端の役人とか町人の生活が微細に描かれてて
そういうの読むのが面白かったな~。
ちなみにこれ、文庫本(上下巻)でも出てます。

------------------------------------------------------------
【2005/01/08 19:01】 | 読書[ま行作家] | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






初めまして。
管理人のtsubamiです。
ここでは。
私の観た映画やドラマ、読んだ本
それらの感想を気ままに書いてます。

特に映画等に詳しいとか、作家等に詳しいとか
全くもってナイです。(笑)
ただ、観たい読みたいモノに触れてるダケかなぁ。

飽くまで主観なので、
こういう感想もあるのか。と読み流して下さいませ(笑)
また、同じように感じる方もいれば、
全く違う感じ方をする方もいると思います。
どんな感じ方にせよ気軽にコメント頂けると嬉しいです。
色々な感想を読むのは面白いので。
------------------------------------------------------------
【2005/01/01 00:17】 | 初めまして | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。