Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | top↑






読書 「イノセント・ゲリラの祝祭」 海堂 尊 ★★☆
厚労省役人でロジカル・モンスターの白鳥に、
医療事故調査委員会への出席を依頼された田口。

さまざまな思惑が飛び交う会議で、田口は、
グズグズの医療行政の現実を知ることに…。メ

ディカル・エンターテインメント第4弾。 










スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2008/12/27 23:15】 | 読書[か行作家] | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






読書 「悪果」 黒川 博行 ★★★★
かつてなくリアルに描かれる
捜査の実態と癒着、横領、隠蔽、暴力、

…日本警察の真実のなかにあぶりだされる
男たちの強烈な光と闇。











------------------------------------------------------------
【2008/10/26 22:21】 | 読書[か行作家] | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






読書 「東京島」 桐野 夏生 ★★☆ 
32人が流れ着いた太平洋の涯の島に、
女は清子ひとりだけ。

いつまで待っても、助けの船は来ず、
いつしか皆は島をトウキョウ島と呼ぶようになる。

果たして、ここは地獄か、楽園か?いつか脱出できるのか-。
食欲と性欲と感情を剥き出しに、
生にすがりつく人間たちの極限状態を容赦なく描き、
読者の手を止めさせない傑作長篇誕生。







------------------------------------------------------------
【2008/09/02 21:04】 | 読書[か行作家] | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






読書 「ジーン・ワルツ」 海堂 尊 ★★★☆
美貌の産婦人科医・曾根崎理恵――
人呼んで冷徹な魔女(クール・ウイッチ)。

人工授精のエキスパートである彼女のもとに
それぞれの事情を抱える五人の女が集まった。
神の領域を脅かす生殖医療と、
人の手が及ばぬ遺伝子の悪戯がせめぎあう。

『チーム・バチスタの栄光』を越えるドラマティックな衝撃があなたを襲う!








さすが、お医者さん。リアリティが凄かったです。
とても興味深く読むことができました。

現代の医療を如実に表しているように思います。
ある意味社会派の小説ですね。
読んで損はない小説でしょう。




------------------------------------------------------------
【2008/05/02 15:23】 | 読書[か行作家] | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






読書 「風花」 川上 弘美 ★★★☆
夫に恋人がいた。
離婚をほのめかされた。
わたしはいったい、どう、したいんだろう―。

夫婦の間に立ちこめる、微妙なざわめき。
途方に暮れながらも、自分と向き合い、
夫と向き合い、少しずつ前へ進みはじめた、のゆり、33歳の物語。











川上弘美の新刊。
読み始めは、なかなか馴染めなかった。
主人公の「のゆり」と叔父さんとの関係に?って感じで。
叔父さんと二人で温泉旅行とか行くかなぁ~??って現実味が無いような気がして。

でも、読み進むうちに物語にハマっちゃってるんだよね。
どこにでもあるような夫婦の日常。
そこが川上さんの凄いところかもしれない。
なんでもない生活を描ける。

なかなか面白かったですよ。



------------------------------------------------------------
【2008/04/27 14:48】 | 読書[か行作家] | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑






| Top | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。